シェフの自己紹介

 

菜食の料理に目覚めたのは、航空自衛隊の隊員として自衛隊給食の栄養士をしていた頃でした。

献立作成のため、さまざまな料理本に触れていく中、マクロビオティックの本やルドルフシュタイナーの本に出会い、本当の食事とは何か?ということへの探求心が強まり、自衛官を辞めて、都内のマクロビオティックレストランへ転職したのがきっかけでした。

 

その後、完全菜食のレストラン、完全菜食とグルテンフリーのカフェで料理長を歴任した後、兄と共に小麦・乳製品・肉・魚・卵を使わない野菜だけの料理の店、玄genを創業しました。

おいしくて身体に良い野菜だけのお料理、南インドで勉強したスパイス料理、天然酵母の米粉パンなどのメニューを取り揃えています。

 

航空自衛隊の給食以外にも、食品製造業の商品開発や飲食業で、調理師と栄養士の資格を活かして様々な職域を経験してきました。

 

食のスペシャリストとして、菜食文化の素晴らしさを京都から世界へ発信していきたいと思っております。